グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

子どもたちを観察〜今回の国際交流で〜

国際交流が続いた日々で、

我が子や、私と英語で遊んできたお友だちの様子を観察してみました🤓

 

最初は照れるものの、

(これは日本人との初対面でも同じですね)

 

知っている英語を使ってなんとかコミュニケーションを取ろうとしていました😊

 

特に3歳になりたての女の子。

 

積極的に手を出してNice to meet you.

 

!!

 

いつもやっている、

自己紹介→握手のご挨拶。

 

別れ際には自ら、See you!

 

これ褒めないのが秘訣なんですが、

 

つい褒めたくなりますよね‼︎ 笑

 

そのママも言っていましたが、

 

英語に苦手意識を抱えたまま大人になると外国人恐怖症、、

 

話せないから焦る、目を見つめられて、

 

ますます焦る、ちーん。。

 

みたいな。

 

だから、まだまだ自分と自分以外の世界に垣根のない幼少時に、英語に触れ、その音に慣れ、耳が開き、外国の方と目を見てコミュニケーションを取ることは、彼らにとっては自然にできること。

 

その経験が、後の英語学習に大きな影響を与えることは言うまでもないですよね!

 

と、言うわけで。

 

我が家の子どもたちもこれまで外国の方と触れ合うことはあまりなかったのですが。

 

グローバル育児で、英語ができるママもそうでないママも、家庭でできる限りの環境を作ることができると知り、私のできる範囲で、他のママたちと楽しみながら、やってきました。

 

子どもたちはさほど抵抗なく、それなりの自信を持って、今回の国際交流を楽しんでいたように見えました。

 

娘の幼稚園の年長グループは、英語の時間がありネイティヴの先生が月に1回?かな?

来られます。

 

昨日の遠足で、先生が1回目の様子を教えてくださいました。

 

『2人とも(娘のお友だちとも月2回レッスンで英語で遊んできました。秋からかな)、

 

反応が良くて、楽しんでいましたよ。』

 

あらかじめ親しんでいるので、知ってる!という自信が、楽しめる余裕をうんでいるのだと思いました。

 

ご家庭で、英語に親しむ環境をどなたでも作れます。

習い事を増やして、子どもたちの貴重な時間を取らずにママの負担もなく、できます。

いろんな点で、0歳から環境を作る良い点がたくさんあります😊

 

 

グローバル育児®︎しませんか?

Sayuri Sense | Global Ikuzi

ちなみに英語はグローバル育児®︎のほんの一部です。

 随時体験受け付けています😊

eiko226kuma@gmail.com