グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

持って生まれたものを引き出し、適所に身を置く=幸せ

子どもの強み、特徴、得意、性質、

これらをよく観察し、引き出し、気がつかせ、

伸ばせる環境を探して与える。

 

『自分がわかり、周りの役に立てること』

 

=豊かな生き方、幸せ、グローバル人材

 

これが

グローバル育児®︎の目指すものです。

 

そうすると、あれ、ママはどうなの?

そんな私自身はどうなの?

とお母さんたちが思うわけです。

 

私って何者??

 

そうやって、お母さんたちが自分を見つめ直していきます。

 

アイデンティティーを確立

 

子どものアイデンティティーを確立させならがらも、お母さんたちが自らのアイデンティティーを掘り出し磨き自立していく。

 

それがないと、これからの時代苦しくなるのです。

自分を活かして生きていれば、

頭上に常にあるどんよりとした雲は晴れます。

 

自分を活かすというのはどういうことでしょうか?

 

グローバル育児®︎では、コたくさんの女性たち、ママたちが自分の活かし方を知り、自分の人生をクリエイトし始めます。

コンサル受講者の皆さんのVOICEと「自分を生かせる場所を見つける方法」 | Sayuri Sense

 

主体的な人生は、アイデンティティーの確立から😊

 

私も今日また、新しい自分に気がつき、

(新しいと言っても周りには当たり前に見えていたもので私自身では気づけなかったところ)

自分の可能性にワクワクしています✨

もう少し、適所に自分を置いていけそう!

 

どれだけ日本の教育の影響で自分に対する思い違いがあるのか?

また見直す機会になりました。

子どもたちには引き継がないよう、学校の環境を見守っていかなきゃいけませんね。