グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

2020年の入試改革に向けて

先日、塾の説明会に参加してきました。

丁寧な説明で、どのように今後の入試が変わっていくかをよく理解できました。

 

だけど、

グローバル育児に取り組んできたママなら、

 

『知ってる知ってる〜』

 

という内容でしたよ。

 

どんな力が問われるかは、

 

グローバル育児®︎を立ち上げたSAYURI さんが10年前から伝え続けてこられたことでした。

 

塾や学校では授業形式をアクティブラーニングという形を取り、子ども同士の学び合いを奨励することで学習内容の定着率を上げ、さらには表現力、思考力を身につけさせるとしています。

 

グローバル育児®︎のプログラムに対応させると、

 

表現力は五感力を育むことから。

思考力はコミュニケーション力を育むことから。

 

『0歳から9歳までに家庭で身につけることができる思考力の基礎』があることが、今後の教育改革をしっかりと享受できるのだと思いました。

 

ちなみに、塾も学校もその移行期の真っ只中。

 

家庭でできることはやっておきたいですね。

グローバル育児®︎のプログラムの先見性に感心したとともに、我が家も見直す良い機会となりました。

 

それにしても、塾の先生はお話が上手だな〜

授業も面白そうでした♬