グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

鳥の目で

f:id:eiko226kuma:20171112235420j:image

時には自分たちが住んでいる場所を、

鳥の目で見てみよう^ ^

 

観覧車に乗り終わった息子の言葉。

 

『なんかスッキリした!』

 

狭い家。

ビルに囲まれたマンション。

ビルに囲まれた通学路。

ビルに囲まれた公園。

 

思えば、遠くを見渡せるほど広いところに、

最近行っていませんでした^ ^

 

視野を広げる、大らかな気持ちを持つ。

 

物理的に広い場所に行くこと大事ですね!

 

言われてみれば、私もスッキリしました^ ^

 

 

 

 

セルフエスティームは回復できる

 

こちらの本から引用です。

 

13 忘我ができる子に

セルフエスティーム は回復できる〜

(セルフエスティームとは自己肯定感、自信)

 

アグネスさん自身、中学生頃まで自信のないコンプレックスだらけの子だったのですって。

 

ですが、中学生の時にボランティア活動で過酷な環境の同世代の子どもたちと出会い、自分の悩みがいかにちっぽけであるかを知ったそう。

 

『この子たちの笑顔を少しでも取り戻したい』と、無我夢中になったと。

 

大好きな歌を歌って、学校のみんなから食べ物を集めたり。気がついたら明るく行動的になっていたそう。他の学校にもボランティアで歌いに行ったりしているうちにスカウトされて14歳でデビュー。

 

このことを通して、アグネスさんはセルフエスティームを回復し、自信がついた。

 

なぜなら、自分のことを忘れたからだ、と書いてあります。

自分の悩みより目の前の子たちの悩みの方がずっと重要と思って、無我夢中になるうちに自分のコンプレックスを忘れてしまった、と。

 

f:id:eiko226kuma:20171112000025p:image

3人の息子さんには

『思い切って自分のエネルギーを外に出すように』

『自分のことを心配するよりは、周りのことを考えて。周りとは家族や内輪だけではなくて、社会や世界のことよ』

 

と話してきたと書いてあります。

 

私も、ハッとする言葉でした。

 

子どもたちにも折に触れて話そうと思います^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



11月親子英語 〜Put on your hat!〜

11月に入りましたね。

ハロウィンも終わり、クリスマスが近づきワクワクする季節ですね。

 

楽しいシーズンイベントにはさまれた11月は、

秋のテーマで(^^)

 

子どもたちも上着を着たり、木々の紅葉とともに衣服も変化し始める時期。

f:id:eiko226kuma:20171108135018j:image

11月のアクティビティ。

It’s snowing.

 Brown bear looks cold, doesn’t he?

Could you help brown bear put on some clothes?

 

子どもたちはMystery bag の中から1つずつアイテムを取り出して、順番に着せていきます(^^)

 

f:id:eiko226kuma:20171108140032j:image

 

2〜3歳の子どもたち、とっても楽しそうに

参加してくれました(^^)

 

次回は秋の工作しまーす♫

四季を五感で感じる

f:id:eiko226kuma:20171106223636j:image

 

秋、と聞いて何を思い出しますか?

 

 

私は、

 

さつま芋堀り

焼き芋

さつま芋のパウンドケーキ

スイートポテト

マラソン

つみれ汁

紅葉

さんま

澄んだ星空

 

などなど。

 

育った土地、家庭によって様々ですよね。

私が小学生のころ、母がさつま芋のパウンドケーキやスイートポテトをおやつに作ってくれていました。

 

自分が家庭を持ったら、それらが恋しくて、

私も子どもたちと作って我が家の定番のおやつになっています。

f:id:eiko226kuma:20171106224326j:image

娘が芋掘り遠足で持ち帰ってきたさつま芋で作りました^ ^

 

 子どもたちと一緒に手を動かし、

お芋の焼けるいい匂いをかいで、

できたてを一緒にいただく。

 

五感で秋と楽しい時間を感じて。

 

この子たちの見えない何かを形づくる、

大切な要素だと思っています。

 

食べ物と同じ。 

食べたもので体が作られる。

 

体験も感覚も、入れたものがその子を作る。

 

入れたものしか出てこない。

 

家庭の外でもいろんな体験をしてるでしょうね。

大切にしたい感覚、身につけてほしい感覚は家庭でもできることは体験させ大切にしたいですね。f:id:eiko226kuma:20171106225158j:image

 

息子のお友だちにも出したら、

あっ!というまになくなりました^ ^

 

嬉しかったなぁ。

 

 

自分の言葉で自分を語る

『言葉で自分を表すことは、人々の間に自分を現すことである』

 

引用させていただいた上の言葉は『現代思想』から引用。

 

平たく言うとこのようなことが書かれていました。

 

  • 自分の言葉とは、その言葉が当人の経験を適切に表現していること。
  • 自分自身について知るということは、自分一人ではできないこと。
  • 人々の間で自分の言葉で自分を語るということが、自分を社会の中に現すということ。
  • 聴いてくれる人がいること。
  • 語り合うために<適切な場所>が必要なこと。(非日常の場)

 

また、私たちは自分自身について語ることに慣れていない、とも。

 

公的な場で多種多様な人々が集まって、差異を認め合いながら平等でもあるような状況をほとんど経験したことがないし、慣れてもいないのである。

 

学校も、先生主導で話し合いが進んだり、空気を読んで自制したり、正解は何かと伺いながら発言したり、、と自由に自分の言葉で語る場はなかなかないのかもしれません。

 

自分のことを自分の言葉で語ることができる、というのは今の時代とっても大事なことだと思うのです。

 

なぜなら、ネット社会ではいろいろなチャンスが国内外に広がっています。

そんな中、ひとたび自分の言葉で自分を表現すると、国内外から仲間を見つけることができたり、必要な情報をいただけたり、仕事を見つけたり、という世の中だからです。

 

自分の頭で考え、行動し、経験し、それを語り、自分を表現する。

 

そうするとどこまでも拡がっていけるのが今の時代^-^

 

英語でも語れたら世界規模。

 

ということですね!

 

我が家でも、そんなことを意識して子どもたちと会話しようと思いました^ ^

   

面倒なこともあるかもね。だけど迷ったらやる!

先日、FBに友人がシェアしていた投稿。

 

恐れを克服するチャレンジをした女子学生の話。

彼女の「やってみたいけど、恐い100個のこと」に挑戦していき、恐れを克服していくドキュメンタリー。

 

彼女の言葉

 

『挑戦のリスクに目を向けないで、その挑戦で自分が得られるものに目を向けて』

 

 

やってみたいなと思いながら、恐くて挑戦できないことありますか?

mspine.hatenablog.com

 少し前に、数年前の読書メモから「恐れ」についてブログを書いています。

 

私は、ハロウィンパーティーやクリスマスパーティーを開くこと、でした。

 

今では毎年開いていますが、初めはとってもこわかったです。

 

断られたらどうしよう?

面倒だと思われたら?

子ども達向けのパーティーって何を用意すればいい?

準備がうまくできなかったら?

企画とか苦手だし、、

子どもたちが退屈したらどうする?

 

などなど。

 

けっこうイケイケで誘って開いていると思われていますが、

初めのころはこんな感じで、緊張や不安や、やっぱりやめればよかった、、

 

みたいな気持ちになっていました。

 

だけど、自分が得られるものを想像するとやっぱりウキウキワクワクしたので、

 

えいやっとやってみたら、

 

それはそれは楽しかった!!!

これがやりたかったんだよねー!!

来てくれてありがとー!!

の気持ちでいっぱい。

 

何より子どもたちの笑顔がサイコーでした^^

 

やってよかった~❤

 

と初年度心から思った覚えがあります。

 

次の年も、

 

やりたい!!という気持ちと、

 

ネガティブな思いが少しは出てくるのだけど、

 

一度、

 

やってよかった~^-^

 

を経験しているので、最初よりはハードルがだいぶ低くなっていました。

 

いいな、と思ったらその自分の思いを受け止めて。

 

恐いと思いますが、

(たいてい、心から望んでいることって、勇気がいることだったり恐いなという気持ちが起こるようです。たぶん、本当に欲しいものだから、手に入らなかったらと思うと個不安になるのでしょうね)

 

一歩踏み出してみると、

 

その昔、いいな、と思った世界に近づいていけるんだなって思いました。

 

って、

 

子供向けのハロウィンパーティーでどんだけ~?と思う方もいらっしゃるでしょうねー!笑

 

小さな例ですが、自分の夢ってこういうささいなことにたくさん詰まっているなって思う今日のこの頃です^-^

 

家が広かったら、もっともっとたくさんの子どもたちを呼びたいな〜^ ^

で、遊んでもらう、私が 笑

 

 

Halloween にオススメの映画

f:id:eiko226kuma:20171030234102j:image

 

今日は先日の親子英語のメンバーに引き続き、

小学生向けのハロウィンパーティー!

 

鹿児島に越してきた年から今年で3回目。

今年はDVDも用意。

 

 魔女が出てくるし、ハロウィンにぴったりの映画です!

子どもたちもゲラゲラ笑って観てましたよ♫

 

 

不気味系のお菓子

f:id:eiko226kuma:20171031001146j:image

 

f:id:eiko226kuma:20171031001351j:image

娘が掘ってきたさつま芋で。

さつま芋ケーキとスイートポテト。

 

みんなパクパク食べてくれて、あっというまになくなりました ^ ^

 

迎えにきたお母さんたちは、私のブラックキャット姿や、やり過ぎとも見える部屋のデコレーションに若干引いてたかも、、笑

一緒に迎えにきていた3歳ちゃんは部屋の様子に泣いてしまった、、

 

【小学生向けハロウィンパーティー流れ】

乾杯

スイートポテト&お芋ケーキでsnack time

Trick or treat bagのデコレーション

(不気味系シール、大人気)

f:id:eiko226kuma:20171031003656j:image

ハロウィンって何?

Game Time!

1  Mummy game

トイレットペーパーで巻いてミイラになる

f:id:eiko226kuma:20171031093525j:image

2. Who is the ghost?

おばけシーツをかぶせて、誰が中に入っているか当てる

3. Halloween cards search

ハロウィンキャラクターのカードを部屋中に隠し探す。カードの裏には得点が。

4. Halloween Bingo

ハロウィンビンゴは9個のキャラクターで。

Bat

Black cat

Witch

Witch's hat

Skelton

Mummy

Ghost

Jack-o-lantern

 

年長〜小3でちょうどよい感じでした^ ^