グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

ママと一緒に^ ^

今朝は横浜のママとスカイプでラーニングルーム^ ^

 9歳までに900英単語マスターで日常英会話力を - グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

【グローバル育児®900英単語】 900 English Words List & Voices “BABY” | Sayuri Sense

 

雪で幼稚園がお休みのお子さんたちと一緒でした♡

 

この方は2週間に1回の、月2回スカイプ

2週間に25単語、月に50単語進めています。

 

お子さんたちの反応もよく、

ご家庭で無理なく英語の環境を作ってらっしゃるのがよく分かりましたよ(^^)

 

グローバル育児入門のベーシックテキストコースも受講されているので、

グローバル育児® ベーシックテキスト + 動画コース | Sayuri Sense

 

・英語

人間力

・コミュニケーション力

・五感力

 

4つの柱から子どもたちに必要な力を育むこと、個性を育んでいくことの大切さも理解していただいてきているかなと思います^ ^

 

英語環境をご家庭で整えることも、日本人としてのアイデンティティーを育むことと、言語とアイデンティティーの関係を理解していれば、思考力を妨げたりすることはありません。

 

詳しくはHPへ^ ^

Global Ikuzi | Sayuri Sense

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンセス英語絵本セット^^

最近購入した英語絵本です^^

 

 

Adventures in Reading Disney Princess Level 1 Boxed Set (Reading Adventures)

Adventures in Reading Disney Princess Level 1 Boxed Set (Reading Adventures)

 

 ( メルカリに出ていたので、値段交渉させていただいてアマゾンよりお安くゲット)

 

本人の興味と英語をつなぐという点では、

 

ディズニー好きのお子さんはとっても良いですよね♪

 

娘が小さいころからディズニーDVDは英語音声で流していました。

 

なぜなら、、私が日本語のプリンセスに耐えられないから、、笑

 

もちろん英語音声に慣れてほしいなという気持ちもあったのですが。

 

(小さいころから、初めから英語音声で流していると子どももは当たり前のこととして受け入れますよ♪ 途中からは難しいですね。。)

 

息子には娘ほど夢中になれるのはなかなか見つけてやれませんでしたね、、

2歳のときはトーマス観せていたかな^ ^

娘のプリンセス熱には敵わないけど。

 

家で母娘がプリンセスの歌を歌ってミュージカルみたいにしているので、

 

息子はいやでも耳に入っているようで、たまに鼻歌が、

 

シンデレラの「A Dream is a Wish Your Heart Makes」笑

 Cinderella - A Dream is a Wish Your Heart Makes - Lyrics - MrsDisney0 - YouTube

 

今はYoutube でも、男の子が好きそうなものがたくさんありますので、

 

また次回シェアしますね♪

 

グローバル育児のラーナーさんで、親子英語にいも参加してくださってる方が、

 

とても詳しいので、よく教えていただいています^^

 **********
情報がありすぎて子育てに迷っていませんか?
新しい時代を見据えた世界基準の育児情報をお届け。
今の時代、どんな力が必要なのでしょう?
お母さんが変わることから始まるグローバル育児®︎のプログラムはこちら↓
Global Ikuzi | Sayuri Sense
コーディネーターEiko(鹿児島在住)
私は認定コーディネーターとして、全国のママとグローバル育児®︎を繋ぎます^ ^
お問い合わせはこちら↓
eiko226kuma@gmail.com
グローバル育児®︎のご紹介や
対面で学べるラーニングルーム開いています^ ^
詳しくはお問い合わせくださいね。

 

 

 

子どもに自信を持ってほしいなら

f:id:eiko226kuma:20180119094727j:image

今朝は朝日が綺麗でした✨

毎朝ベランダから桜島が見えるなんて贅沢!

転勤してきたとき、目の前の公園の大きなクスノキとベランダから見える桜島にズキュン♡

 

最近よく考えていることは、

 

結局子育てって

 

何でもオッケーなんじゃん?

 

大丈夫なんじゃん?

 

ってこと。

 

極端ですが。

 

(^^;

 

というのは、

 

私が私自身を大丈夫と信じられるなら、子どもたちのことも大丈夫だと信じられるってことで。

 

だから、子どもたちに焦点を合わせるより、

 

先にお母さんが自分に焦点を合わせて、

 

自分に自信を持つことがまず大事。

 

私は大丈夫って、思えないのはなんでだろう?

 

そこに、自分を開放させるポイントがある気がするなぁ!

 

自信ってそもそもどういうことか、も、

 

もしかしたら勘違いして、

 

自分や子どもたちを苦しめているかもね。

 

私もうっかりするとそうだな 笑

 

 だから、まず、お母さんが変わる。

 

グローバル育児ってすごいわぁ^ ^

 

**********
情報がありすぎて子育てに迷っていませんか?
新しい時代を見据えた世界基準の育児情報をお届け。
今の時代、どんな力が必要なのでしょう?
お母さんが変わることから始まるグローバル育児®︎のプログラムはこちら↓
Global Ikuzi | Sayuri Sense
コーディネーターEiko(鹿児島在住)
私は認定コーディネーターとして、全国のママとグローバル育児®︎を繋ぎます^ ^
お問い合わせはこちら↓
eiko226kuma@gmail.com
グローバル育児®︎のご紹介や
対面で学べるラーニングルーム開いています^ ^
詳しくはお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

 

1月親子英語①

今日参加してくださった親子はグローバル育児にも取り組んでいらっしゃいます^ ^

 

家庭での英語環境を整えることだけでなく、

 

・相手を尊重しながらも自分の考えを伝えられるコミュニケーション力

・その子の個性を育む五感力

・揺るぎない自信を持つ人間力

 

これらを英語と同時に大切に育むこと^ ^

 

親子英語の時間は、家庭以外で楽しく英語であそぶこと^ ^

 

今日は12月のレッスンと同じく形がテーマ。

f:id:eiko226kuma:20180116221951j:image

かわいい雪だるまが描けました⛄️

f:id:eiko226kuma:20180116222149j:image

Brown bear, put on your hat!

裸んぼのクマさんに冬のアウターを着せて^ ^

 

Put On Your Shoes | Clothing Song for Kids - YouTube

→Put onが繰り返されるこちらの歌を歌いました♫

 

Hurry up!も覚えてしまいますよ〜

 

早く!は子育て頻出ワード、ですしね 笑

(あまり使わないようにしたいものです(^^;)

 

次回は30日(火)15時〜 

今日のママはグローバル育児の学びを進める!とおっしゃっていました^ ^

ママの学びの場、ラーニングルーム♡

 

**********
情報がありすぎて子育てに迷っていませんか?
新しい時代を見据えた世界基準の育児情報をお届け。
今の時代、どんな力が必要なのでしょう?
お母さんが変わることから始まるグローバル育児®︎のプログラムはこちら↓
Global Ikuzi | Sayuri Sense
コーディネーターEiko(鹿児島在住)
私は認定コーディネーターとして、全国のママとグローバル育児®︎を繋ぎます^ ^
お問い合わせはこちら↓
eiko226kuma@gmail.com
グローバル育児®︎のご紹介や
対面で学べるラーニングルーム開いています^ ^
詳しくはお問い合わせくださいね。

 

 

12月親子英語『テーマshapes &クリスマスランチ』

12月のレッスン記事書いていませんでした(^^;

 

形がテーマでした♫

f:id:eiko226kuma:20180116124757j:image

 紐に通しながら形をインプット^ ^

 

その後のアクティビティはお絵かき♫

子どもたちには色画用紙とクレヨンを。

(which color would you like?で好きな色画用紙を選んでもらいます)

Let’s draw a snowman!

Draw two big circles.

Draw his eyes.

Draw a triangle here.(鼻の場所に)

Draw three small circles on his tummy.(ボタンですね)

Draw a square on his head.(バケツの帽子)

.

f:id:eiko226kuma:20180116125456j:image

子どもたちの雪だるま写真撮り忘れました、、

 

それぞれ個性的な雪だるまが完成しましたよ*

 

絵本はこちら

f:id:eiko226kuma:20180116125805j:image

 

レッスンのあとはクリスマスランチ🎄

f:id:eiko226kuma:20180116130259j:image

 

来月からは毎月2回

火曜日

15時〜16時に変更です^ ^

 

 

 

 

 

ずっと幸せでいられる方法

f:id:eiko226kuma:20180115181908j:image

素敵な本に出会いました^ ^

 

かけがえのないプレゼントを手に入れたら、

ずっといつまでも幸せでいられるんだ。

 

どこにいようと心から満足していられるんだよ。

 

かかりつけの歯科医院の待合室の本棚がツボ!

好みの本がたくさん並んでいるんです^ ^

 

どなたかが、選んで並べていらっしゃるはず。

 

本の雰囲気に統一感があるんです♡

 

絵本、ファッション誌、小説、啓発系、週刊新潮など、ジャンルは幅広いのですが、数はそう多くはないので、スッキリしています。

f:id:eiko226kuma:20180115233456j:image

見えますか?スッキリ感。

 

人生の贈り物―あなたの探し物は何ですか?

人生の贈り物―あなたの探し物は何ですか?

 

 

ある老人から、かけがえのない贈り物の話を聞いた少年がそれを探す旅に出るお話です。

 

幸せを心から感じられるには何が必要なのだろう?

 

家の本棚に並べておいて、いつか子どもたちにも手にとって読んでほしいな、と思いました^ ^

 

f:id:eiko226kuma:20180116073358j:image

文章は短いのでとても読みやすいです!

 

歯科に歩いて行く途中にみえた桜島↓ 

f:id:eiko226kuma:20180116073520j:image

昨日の私への贈り物は

 

この本に出会えたこと

美しい桜島を見られたこと

みんな元気だったこと^ ^

 

五感で感じる心が豊かだと、

ちょっとした自然の中に感動を見つけることができる。

自分で自分を幸せにできる五感力や想像力があればどんなことが起こっても心強いですね^ ^

 

 

**********
情報がありすぎて子育てに迷っていませんか?
新しい時代を見据えた世界基準の育児情報をお届け。

今の時代、どんな力が必要なのでしょう?
お母さんが変わることから始まるグローバル育児®︎のプログラムはこちら↓

Global Ikuzi | Sayuri Sense

コーディネーターEiko(鹿児島在住)
私は認定コーディネーターとして、全国のママとグローバル育児®︎を繋ぎます^ ^
お問い合わせはこちら↓
eiko226kuma@gmail.com

グローバル育児®︎のご紹介や
対面で学べるラーニングルーム開いています^ ^

詳しくはお問い合わせくださいね。

 

 



はれのひ問題で考える、子どもの習い事~アウトソーシングすることのリスク~

大切な娘さんの晴れ着姿を楽しみにしていたご両親、お気に入りのお着物を着て、成人式への参列を心待ちにしていたみなさん。

 

成人式の前の日、娘の7才のお祝で着物を着せて七草の行事に参列してきた親として、被害にあわれた方々のお気持ちを思うと本当にいたたまれない思いでいっぱいです。

成人式の準備は数年前から始まると聞きます。

予約も2年前ぐらいからしておかないと、とれないとか、朝の4時という早朝しか空いていないとか、そんな状況のようです。(鹿児島の着付けの先生に伺いました)

 

また、会社の終わりというのが、あのように、大切なお客様の記念日を台無しにしてしまうほど突然のものなのだ、ということにも驚きました。

 

 

年末年始で読んでいた本の内容と、1月7日七草のお祝いで、私が娘の着物を自分で着せてみようとしたことに、今回の問題がリンクし、ちょっとした気づきがあったのでここに記しておきたいと思います。

 

 今回、晴れ着レンタルから着付けまでをご予約、もしくはご自身の、そしてお母様もお着物を預け、親子で着付けをご予約されていた方々もいらっしゃいました。

ご自身の大切なお着物まで返されていないという事態。

 もう、本当に信じられませんよね 涙。。

 

もし、昔のように、自分たちで着付けができたら、、大切なお着物を預けたのに手元に返ってこないなんていう悲しいことにはならなかったんだよなぁともふと思ったわけです。

 

もちろん、着付けを自分たちでする、というのはなかなか現実的な話ではないかもしれません。

お着物をレンタルされる方も多いでしょうし、

振袖やつけ下げの着付けは技術のいるものです。

手間もかかります。

 

ただ、今回読んだ本の中に、「アウトソーシングすることのリスク」について書いてあったので、考えてみました。

 

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

 

 



 

よそにお願いする、委託する、アウトソーシングするということは、それだけ楽になる分、リスクもあるということを私たちは覚えていなければならないこと、そして特に子どもに関してのアウトソーシングは慎重に決めなければならないと思いました。

 今回の場合でいうと、信頼のおける着付け師さんを探しておくというのも安心ですね。

(だけど、着物離れしている私たちにはなかなかそんな情報は手に入れられないかもしれません。。)

 

本の中では、企業が自社の製品・サービス(能力)の一部を、効率・数字を優先してアウトソーシングし始め、ついにはその製品の中身がまるごと他社のものになりオリジナリティがなくなった失敗例をあげながら、家庭については特に習い事(アウトソーシング)についての危惧が書いてありました。

 

豊かな社会では、家庭の仕事の多くを安く業者や器械にアウトソーシングできるようになりましたが、昔は家庭の仕事(裁縫や時間のかかる洗濯やアイロン、掃除などの家事、畑仕事など)が多くあり、子どももそれを担っていました。その活動を親子ですることを通して、子どもは親の行動から親の価値観(大切にしていること、人生で優先する考え方)を、自分のタイミングで、親のそばで親から学んでいた、と。

 

今回、娘の着付けを自分でしようと思い、準備しました。それは手間の多くかかることでした(途中で、なんで自分でしようと思ったんだろう、、と後悔したほど 笑)

f:id:eiko226kuma:20180113221112j:image

半衿も自分で縫いました!

 

ですが、その準備を通して、娘と息子ととてもよい時間を過ごすことができたのです。

着物についての話や、用意してくれた曾祖母の話、四苦八苦しながらの娘との家での着付けの練習。

 

→ 私たちには、「こどもたちにはこんな大人になってほしい」と思う重要な価値観や優先事項があると思います。それは、私たちの行動を通して、子どもたちは親のそばで学んでいくということですね。

 

家庭の仕事が減ったことでできた時間を習い事で埋めている近年の家庭。 

子どもに必要なのは、新しいスキルをたくさん学ぶことではない。

子どもには困難な挑戦や、厳しい問題を解決させ、あなたが大切に思う、またその子が大切に思う「価値観」を養わせることが大切。

どれほど多くの経験をさせても、心から打ち込めるような機会を与えない限り、将来に必要な能力を身につけることはできない。また、子どもにこうした経験をさせる役割を他人任せにする、つまりアウトソーシングすれば、子どもが人生の困難に立ち向かうそのとき、あなたがそばにいてやれなければ、彼らの人生を方向づける、貴重な機会を逃すことになるのだ。

 

息子の場合でいうとたとえばスイミング。

泳げるようになる、というのが新しいスキルですね。

 

それとは別に、社会で役立つ力(将来必要な能力)、この子に必要な乗り越えるべき課題、私が身につけてほしいと思うもの(大切に思う価値観)というのは、

 

・泳げるようになるために、どんな工夫をして、どんな練習をするのか考える力

・気持ちがのらないときはどんな風に自分でモチベーションを保つのか考える力

・目標設定をする力

・目標を設定して達成したときの達成感や自尊心 

・学校以外の異年齢の集団に身をおく経験

 

といったことかな。

 

これらを水泳を通して身につけてほしいと思ったら、そばにいてみていなくてはなりません。

やる気をもって泳いでいるのか?

先生はどんな指導をしているのか?

先生とどんなやりとりをしているのか?

いまどんなところで立ち止まっているのか?

進級できないのは、どんなところに問題があるのか?

やる気の問題?泳法の問題?目標設定の問題?

 

などなど。

これらを私の考え(価値観)を持って子どもとやりとりすることが、長い目で見た時、将来役立つ力になったり、私がこうなってほしいと思う大人としての行動に結びついていくのだ、と感じます。

それをしなかったら、、コーチの価値観が影響したり、とりあえずやってる、だったり、泳げるようになる(それだけが目的ならば良いですが)になるということですね。

 

手間かかりますね。

 

習い事もそもそも親のエゴになっていないかを見極めることすら難しいですが。。

 

だけど、そういうことだと思います。

アウトソーシング、せっかくするならば慎重に、目的を見失わないで。

アウトソーシングしても、大切な時はそばにいて子どもをしっかりみて、将来のために役立つ力をつけさせてあげられているか?の自問を忘れずにたいですね。

 

じゃないと、子どもの大切な時間も奪うことになってしまうと改めて思いました。

 

習い事だけではなく、日常生活の中での活動もこうした観点から見直していけそうですね。

 

アウトソーシング

リスクもしっかり 考えられる頭と、

結果を受け止められる器を持ちたいです。

 

長くなりました。。