グローバル育児®コーディネーターEikoのブログ☆

2児の母、英語講師、グローバル育児®コーディネーターとして日々のことを書いています☆

やっぱり自分がどうしたいか。そして俯瞰視点からのポジショニングあっての言葉選び。

同僚の方で、同じようにパートタイムで働いてる2児のママさん。

雇用について話をしたらしいのですが、ついには辞めてもらってもいいんですよ、的なことを言われたと。

 

自分の要望ばかり言う。

自分が一番楽に、面倒を避けて、お金をもらいたいが丸見え、というか丸出し。

パートだから許されることを、正規の職員の立場を考えず発言。

どうして、その立場を選んでそこにいるのか、をもっとはっきりしたらいいのになぁ、

そしたらそんな嫌な思いもしないのになぁと勝手に上から目線で、、失礼。

 

だけど、その方も一生懸命なわけで。否定しているわけではないんですが。。

 

どうもいつも愚痴が多く、えーっとそれここでそんな大きな声でいいますかね、、

ということも多々ありまして。。注意するべきかどうか、、、注意して治るものでもなさそうですけど。。

 

自分の要望や雇用に関して発言をすることは、

主体的に雇われるためには大事なことですが、

(言いなりになって、ただただ搾取されないように)

契約やパートは、自由度もある分、そもそも便利の良いように使われている立場でもあることを理解して振舞わなければなりませんよねー

 

私はこの自由度を最大限に利用しておりますが(笑)

 

重田明子さんの4つのポジショニングセミナー

indigohorizon.info

を受けて、診断していただいた通り、私はTAが最も強いタイプなので、今の仕事のやり方はとても自分に合っています。やっぱりねーという感じでしたが(^^;)

f:id:eiko226kuma:20191108124743j:image

細かい作業や事務的作業は請け負わなくてよい今の仕事(笑)

 

自分の特性と、自分のレベル、今の段階で身につけておきたいこと、家族の状況と、夫の転勤。

 

すべてを考慮して、なかなかベストな働き方を、現段階では選べていると思っています。

 

もう少しキャリアを積んで、パートでも、ぜひに、と言われるようになりたいですが、

そこは今の段階で全力を出して向上してく先にしかないので、今は粛々と、ありがたくこの立場で頑張らせていただこう、利用させてもらえる部分は存分に利用させてもらおうと思っています。

 

自分に何が求められているのか、求められていないのか、

どういう立場なのか、って、俯瞰して考えて、

発言するときや、仕事の受け方や、要望の出し方は、

自分でしっかり線を引いて、コミュニケーションに挑む、言葉を選ぶ、大事ですね。

我が身を振り返るよいきっかけにもなりました。

 

あ、職場でパートとして大先輩の方に(歳は同じぐらい)、

「言葉選びがお上手ですよねぇ、参考になります」

って褒められちゃいました^^

今週、プチトラブルがあってその方といろいろ対応に追われたので、、言葉は選びました、、かなり。

 

上手くやれたのかな?

 

嬉しかったです!